痔の治し方

痔の治療法、治し方って?

痔の治し方(治療法)は大きく2つに分けられます。

 

いぼ痔や切れ痔の程度によりますが、あまり症状が重症でない場合には、「保存療法」という治療法が行われます。
痔の初期段階であれば、市販で塗り薬や座薬・注入軟膏などが売られていますね。
初期段階でしたら、病院へ行っても同じような薬を処方されると思いますが、病院へ行けば現在の症状に合った塗り薬や座薬・内服薬などを処方してもらうことが出来るでしょう。
薬の処方だけでなく、あまり痔に負担をかけないように排便出来るような指導を受けたりもします。
痔で病院を訪れた場合は、この保存療法が行われることが多いです。

 

しかし、症状がひどい場合だと、「外科的療法」が行われます。
外科的療法は一言で簡単に言いますと手術ですが、手術が全てではありません。
外科的療法として、古くからよく使われている治療法が注射療法です。
内痔核に効果がある方法として有名で、内痔核の患部に直接注射をして薬品を注入します。
薬品を注入することで患部の炎症をおさえたり、痔核を小さくしたりします。

 

他にも、痔患部に−60℃の冷気を当て、壊死させる凍結療法などもあります。
ただ、この方法は、傷跡が残ってしまったり、再発が多く見られるなどという理由から、最近ではほとんど行われなくなりました。

 

痔核の部分を輪ゴムで縛ることで患部を壊死させ、脱落させるというような輪ゴム療法もあります。
入院や麻酔の必要もなく、2〜3日安静にしていれば良いので、比較的簡単な外科的療法だと思います。
外痔核の場合は、切除手術を行ったり、痔ろうの場合は100%手術を行う以外に完治させる方法はありません。

自宅で痔を改善する方法

痔に苦しんでいる1,000人以上の患者を救ってきた、千里堂治療院の三浦真人が明かす、「痔・改善メソッド」。
出血なし、脱出なし、再発なし。
自宅で、自分1人だけでできる改善方法。
興味のある方は、下記のリンクを今すぐクリック!

 

痔,治し方,治す,方法

痔を自宅で改善する!

↑↑↑

クリック!